邦画・洋画 DVDも含む♪
どれか一つ にほんブログ村 映画ブログへブログランキング お願いします。
Entry
Categories
Archives
Comment
Link
Profile
Material
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Others


アクセス
■合計カウント数

■今日カウント数

■昨日カウント数

ランキング参加中
〜満足度ランキング〜
邦画好き
スポンサーサイト
2008/08/11

一定期間更新がないため広告を表示しています


【崖の上のポニョ】見ました!
2008/08/11 11:40
ようやく、ちゃんと見に行きました。

「新宿ピカデリー」がオープンして3週間が経ってしまいましたが
やっと、行きました。
プラチナシートで見たかったのですが
お財布と相談し、やっぱり普通の席で。
(しかも開演時間ギリギリだったので空いていたのが最前列・・)

あまりにもスクリーンが近過ぎて、目がチカチカ・・

ま、でも新しい映画館だったのでキレイでした。


さて、本編のほうですが
思っていたよりも深い内容だったような気がします。

個人的には深すぎて解らない部分もあったのですが
一緒に言った人曰く、「いい作品」だったようです。

子供にとっては可愛くて面白い。
子供づれの親にとっては、親の愛が深くて面白い。

結婚してるけど、子供がいない僕にとっては
深すぎる・・(曖昧な部分が多くて、結論として何を伝えたいのかが(???))
と言うのが本音の部分での感想。

舞台となっているのは一つの港町。
その港町と海の中という限られた舞台の中での
壮大なスケール感を出してるのは、やっぱり「流石」の一言です。

ポニョと宗介の再会のシーンで
横に座ってるウチの奥さんは号泣してましたが・・
一番印象に残るのは宗介の母(リサ)のドライビングテクニック。
軽をあそこまで乗り回すのはすごいの一言です。

以上、今回は感想のみで失礼します。

【闇の子供たち】
2008/08/05 17:45


日本新聞社バンコク支局で、幼児人身売買を取材する記者、南部は、
日本人の子供がタイで心臓の移植手術を受けるという情報を得る。
知人に金を握らせ、臓器密売の元仲介者に接触した南部は、
提供者の幼児は、生きたまま臓器をえぐり取られるという衝撃の事実を知る。
取材を続ける南部は、ボランティアの少女、恵子と知り合う。
純粋すぎてすぐ感情的になる恵子に苛立つ南部だが、
善悪に対する感覚が麻痺している自分を恥じてもいた。※作品資料より※


■ノンフィクション映画■
一言で言ってしまうと「問題作」です。
内容自体は一言では語れないので、実際に見てみないことには・・
ただ、衝撃的な現実とその現実を受け入れる事ができない。
現実として考えることができてない事に改めて気づかされます・・



監督・脚本 : 阪本順治
原作 : 梁石日
出演 :
江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、
佐藤浩市、鈴木砂羽、豊原功補

【崖の上のポニョ】
2008/07/23 12:26


本作品に対しては賛否両論あるようですが、
大前提として言えるのは
夏休み中の子供向け作品。のようです。

なので、ジブリ(宮崎監督)の作品が
昔からすごく好きで、同じ作品を何回も見てて、
「ココのシーンのこの台詞が大好き」
「いやいや、それだったらこのシーンでしょ」
というようなコアでマニアックなジブリファンの方には物足りなさを感じるようです。

とは言っても
続きが気になる...≫

【ワン・ミス・コール】今週〜公開!
2008/07/17 14:17
ジャンル : ホラー
製作国 : アメリカ

監督:エリック・ヴァレット

出演
シャニン・ソサモン、エド・バーンズ
アズーラ・スカイ、アナ・クラウディア・タランコン
レイ・ワイズ、デーブ・スペクター

脚本:秋元康


本作は
2004年に公開され、話題を呼んだ「着信アリ」のハリウッドリメイク版。
物語の展開・テーマ性に関しては
オリジナルを受け継いでますが、
ラストや、本作の(怨念)が生まれた背景
にはハリウッド版の脚色が加わっていて
違った見所がある模様です。

※日本とアメリカでは
「怖い」と感じるポイントが多少違うんですよね。多分…
幽霊orゾンビか。。
続きが気になる...≫

1 / 11
←prev next→
どれか一つ にほんブログ村 映画ブログへブログランキング お願いします。