邦画・洋画 DVDも含む♪
どれか一つ にほんブログ村 映画ブログへブログランキング お願いします。
Entry
Categories
Archives
Comment
Link
Profile
Material
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Others


アクセス
■合計カウント数

■今日カウント数

■昨日カウント数

ランキング参加中
〜満足度ランキング〜
邦画好き
スポンサーサイト
2008/08/11

一定期間更新がないため広告を表示しています


アヒルと鴨のコインロッカー【ほぼ感想です】
2008/06/10 20:33
今回のご紹介作品は
【アヒルと鴨のコインロッカー】

またまた邦画の話題で申し訳ありません・・


監督: 中村義洋
出演 : 濱田岳、瑛太、関めぐみ、松田龍平、田村圭生、大塚寧々、関暁夫
原作:伊坂 幸太郎



時間の魔術師と言われる、伊坂幸太郎さん原作
クロスカッティングを用いることで
二年前の事件と現在の本屋襲撃が次第につながってゆく。
つながったところで「アッ!」ってなります。

内容的にはせつない気持ちになる部分もありますが、
なんだか心掴まれる感じがなんともいえないです。

原作の伊坂 幸太郎さんの作品はほぼほぼ仙台が舞台となっていて
本作品でもロケは宮城県にて。っていうのも粋ですね。


自分は原作を読んだ後に観たのですが、
配役がバッチリな為か、以外にすんなりと観ることが出来ました。
・実写は原作を超えられないと良く言いますが、
特にこの原作は難しかったのではないでしょうか。
中村監督、あっぱれです。

主人公 椎名(濱田岳)の口ずさむ
「風に吹かれて(ボブ・ディラン)」も上手くて
観た後はずっと口ずさんでしまってました。
(今は全く口ずさめません・・・)

瑛太、関めぐみ、松田龍平、ハローバイバイ関暁夫
もそれぞれ重要な役で見逃せません。


伊坂幸太郎さんの作品だと
「死神の精度」とか「陽気なギャングが地球を回す」が映画になってますね。
どれも、観させて頂きました♪


個人的には
映画より先に原作を読んだ方には
「原作と実写のココが違う・・」っていう見方よりは
「実写ではこうなるんだ〜」という視点で見て頂きたいです。

もちろん映画になってない作品もオススメです。



(後半、映画ではなく伊坂さんの紹介みたいになってしまいましたが・・)



↓ランキング参加中です。チョロッとお願いします。↓





人気ブログランキング【ブログの殿堂】



ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーサイト
2008/08/11

Comment










この記事のトラックバックURL

http://cinemix.jugem.jp/trackback/12

この記事に対するトラックバック

どれか一つ にほんブログ村 映画ブログへブログランキング お願いします。