邦画・洋画 DVDも含む♪
どれか一つ にほんブログ村 映画ブログへブログランキング お願いします。
Entry
Categories
Archives
Comment
Link
Profile
Material
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Others


アクセス
■合計カウント数

■今日カウント数

■昨日カウント数

ランキング参加中
〜満足度ランキング〜
邦画好き
スポンサーサイト
2008/08/11

一定期間更新がないため広告を表示しています


試写会情報 〜小ネタ〜
2008/06/19 13:15
新作映画をいち早く観たい!
って方はすでに利用されてるかもしれませんが、

ネットで簡単に応募できる下記サイト

eiga.com(エイガ・ドット・コム)

オススメです♪


ただ、本当のオススメは

ネットで応募できる試写会情報よりも・・
雑誌やラジオなどがオススメです♪

なぜなら!
比較的、応募者数が少ないからなんです。
さらに、女性向けの雑誌よりも男性向けの雑誌に
載っている試写会情報(応募)のほうが確率は上がります!
さらにさらに、
発行部数が多い週刊誌などよりは、発行部数が少ない月刊誌が
当たる確立はまだ上がります!

募集人数自体が少ないことがありますが・・


にほんブログ村 映画ブログへ

6/16付け、興行収入ランキング
2008/06/18 11:12
■日本国内上映の
興行収入ランキング

1 → ザ・マジックアワー
2 → ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛
3 → 相棒 劇場版 絶体絶命!42.195km東京ビッグシティマラソン
4 → 僕の彼女はサイボーグ
5 ↑ 築地魚河岸三代目
6 ↓ ランボー 最後の戦場
7 → ラスベガスをぶっつぶせ
8 New ダイブ!!
9 ↓ 最高の人生の見つけ方
10 ↓ アフタースクール


■全米上映作品の
興行収入ランキング

1 New インクレディブル ハルク
2 ↓ カンフー・パンダ
3 New ハプニング
4 ↓ ユー・ドント・メス・ウィズ・ザ・ゾハーン
5 ↓ インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
6 ↓ セックス・アンド・ザ・シティ
7 ↓ アイアンマン
8 ↓ ザ・ストレンジャーズ
9 ↓ ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛
10 ↓ ベガスの恋に勝つルール


※調査機関によって多少上下します。ご了承ください。


作品内容は別として、
ランキング推移を見てみると、
日本・アメリカの映画に対する興味が違うみたいですね。

日本では、宣伝・クチコミ効果が大きく
徐々に順位が上がってくる作品や、ロングランヒットが多いみたいですが、

アメリカでは、
上映開始されたらポコっと順位が上がって、
次週に別の作品が公開されるにつれて
どんどんと下がっていくようなイメージがありますね。

いずれにせよ、いい作品と出会いたいです。


ブログランキング

映画の中の名台詞 (ジブリ編)
2008/06/12 10:56
「飛ばねぇ豚はただの豚だ」(紅の豚)

「おまえんち〜 おっばけや〜しき〜」(となりのトトロ)

「飛んだところで豚は豚だぜ。」(紅の豚)

「火は一日で森を灰にするが水と風は100年かけて森を育てる」(風の谷のナウシカ)


あ、雑談になっちゃいますが。。

「風の谷のナウシカ」の原画には
エヴァンゲリオンの庵野秀明さんが
巨神兵のあたりに関わってるそうですね。


これ良かった。ってセリフがあればどしどし下さい。

となりのトトロ (ミニ情報)
2008/06/06 19:26
今回は「となりのトトロ」について
ちょっと耳にした事を・・



知ってる方も多いかも知れませんが・・

宮崎駿監督の代表作
となりのトトロ」のちょっとした裏話。

色々な説があるようです…

・トトロの世界はお父さんの空想の世界。
※戦後のあまり裕福ではない時代に生きた家族。
なにかしらの事情で、さつきとメイは途中で亡くなっている。というお話。
(途中なのか、はじめからなのかは・・?)

その為、
劇中からメイとサツキの影がなくなってる・・

そもそも、トトロの話の元になっているといわれる。
ある事件との関連性(類似点)・・

ココでは事件の詳細は省略させてもらいますが
メイが「とうもろこし」のことを違う言い方で・・
それが何を意味しているのか?
「父(とう)もころし」なのか「いもうところし」なのかは解りません。
あくまでウワサです。


などなど、色々な説(噂)があるみたいです。
※細かい内容もあるので、いつかまたアップできればします!

何度か見てる映画も視点を変えてみると
違う見え方がでて来るのかも知れないですね。


そんな映画が他にもあるそうなので、探してみます。



どれか一つ にほんブログ村 映画ブログへブログランキング お願いします。