邦画・洋画 DVDも含む♪
どれか一つ にほんブログ村 映画ブログへブログランキング お願いします。
Entry
Categories
Archives
Comment
Link
Profile
Material
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Others


アクセス
■合計カウント数

■今日カウント数

■昨日カウント数

ランキング参加中
〜満足度ランキング〜
邦画好き
スポンサーサイト
2008/08/11

一定期間更新がないため広告を表示しています


【ワン・ミス・コール】今週〜公開!
2008/07/17 14:17
ジャンル : ホラー
製作国 : アメリカ

監督:エリック・ヴァレット

出演
シャニン・ソサモン、エド・バーンズ
アズーラ・スカイ、アナ・クラウディア・タランコン
レイ・ワイズ、デーブ・スペクター

脚本:秋元康


本作は
2004年に公開され、話題を呼んだ「着信アリ」のハリウッドリメイク版。
物語の展開・テーマ性に関しては
オリジナルを受け継いでますが、
ラストや、本作の(怨念)が生まれた背景
にはハリウッド版の脚色が加わっていて
違った見所がある模様です。

※日本とアメリカでは
「怖い」と感じるポイントが多少違うんですよね。多分…
幽霊orゾンビか。。
続きが気になる...≫

7/5公開 【レッドライン】
2008/07/07 18:46
ストリート・レース発祥の地
西海岸が舞台。

監督:アンディ・チェン

出演:
ナディア・ビョーリン、ネイサン・フィリップス
エディ・グリフィン、アンガス・マクファーデン
ティム・マシスン、ジェシー・ジョンソン



本作を製作する際、
よりリアルなものにするために
カークラッシュをCGで作成するのではなく、
製作者本人のカーコレクションを使用したとの事で・・

どのくらいリアルさが出ているのか。
はたまた、どのくらいの度胸がいる事なのか・・その辺りも見所かもしれないですね。


ワイルドスピードを超えられるかに期待♪

アイアンマン 
2008/06/18 21:05
前々回の更新(興収ランキング)でも
ランキングに入ってた
「アイアンマン」

なんだか、話題らしいです。

元々はアメリカで生まれた
アクション漫画の様で、
以外と歴史は古く、コミックに初登場したのは
1963年頃?

簡単な説明としては
兵器製造企業のCEO、トニー・スタークが
鋼鉄製のパワードスーツを製造し、
これを装着して世界的な陰謀に立ち向かう。
という内容。


同時期にコミックとして登場していた
「スパイダーマン」「X-MEN」等のように
特殊な能力を持った主人公ではなく

自らの手(頭脳)で、特殊な武器を作った
1人の人間にすぎない。
という部分では 他のヒーローコミックとは
違う魅力がある様ですね。


そして、本作品のすごい所は

3日間での興行収入が【約125億円】・・・
続編物の作品を除けば、
2002年公開の「スパイダーマン」に次ぐ
歴代2位の数字だとか。

コミック文化ってやっぱりすごいんですね。


キャッチコピーは「装着せよ─強き自分」
日本では2008年9月27日に公開予定だそうです。
まだチョット先ですね。




ちょっとだけ「ロックマン」を思い出したのは僕だけでしょうか・・

REC/レック 現在公開中〜
2008/06/17 21:55

監督・脚本:
ジャウマ・バラゲロ、パコ・プラサ
出演:
マニュエラ・ヴェラスコ、フェラン・テラッツァ、
ホルヘ・ヤマン、カルロス・ラサルテ、パブロ・ロッソ


手持ちカメラ視点でとらえた、ドキュメンタリー調の臨場感あふれるパニック・ホラー。

・・・ホラーは苦手です。


ある封鎖された建物内で人や動物を凶暴化させる病原菌が発生し…

似たようなコンセプトの映画(ゲーム)がありましたが、思い出すとやっぱ怖いです。
しかもパニックホラーと来ました。

客観的に観てしまえば、そこまで恐怖感はないかもしれませんが、
やっぱりホラーは苦手です…





嘘じゃないです。
ホラーだけに…

※すみません。身も空気も寒くなりそうですね…


奇跡のシンフォニー
2008/06/16 14:11
今週末(6/20〜)公開予定

監督:カーステン・シェリダン

出演:
フレディ・ハイモア、ジョナサン・リース=マイヤーズ、
ケリー・ラッセル、、テレンス・ハワード、ロビン・ウィリアムズ


感動しそうな映画には弱いです。

実際に見てみるとやっぱり感動するんでしょうけど、
予告とかCM見るだけでも、なんだかグっとくる感じが・・


あらすじ・予告編などコチラからど〜ぞ!
奇跡のシンフォニー@映画生活


イースタン・プロミス・EASTERN PROMISES
2008/06/11 16:49
シャンテ シネ、シネ・リーブル池袋ほか全国にて
6/14〜公開予定

イギリス・カナダ・アメリカ合作
サスペンス映画

監督 : デヴィッド・クローネンバーグ
出演 : ヴィゴ・モーテンセン 、 ナオミ・ワッツ 、 ヴァンサン・カッセル 、 アーミン・ミューラー=スタール 、 シニード・キューザック



舞台はイギリスのロンドン
助産師アンナ(ナオミ・ワッツ)の元に、身篭った少女が運び込まれる。
しかし、その少女は子供を出産した後、息を引き取ってしまう。

アンナは少女が持っていた日記を元にロシア人の少女という事が解り、
産まれた子供のために少女の身元を割り出そうと動き出す。

その過程である組織で運転手として働くニコライ(ヴィゴ・モーテンセン)と出会い

そして様々な裏社会へと巻き込まれていく・・・



表現的な部分でリアルな描写がある為。
暴力的なシーンが苦手な方は控えたほうが良いかもしれません。


いや〜今週末は見たい映画が多くて困ります。

最高の人生の見つけ方
2008/06/11 12:10
監督:ロブ・ライナー
出演:
ジャック・ニコルソン
モーガン・フリーマン


何の共通点も無く、たまたま同じ病室に入院することになった二人
唯一、二人に共通する点といえば、「余命半年の末期ガン」
末期ガンが判明した後、
カーター(モーガン・フリーマン)が死ぬ前にやっておきたい事をメモに残していく
そのリストをみつけたエドワード(ジャック・ニコルソン)が実行を提案する。

あらゆることに挑戦をし、人生の最後を楽しんでいくのですが、
本当に最後にしたいこと、心から求めていたものを見つけ
人生で一番大切なものが何かを再確認していくことに。

いや〜、ほっこりしますね。

末期ガンという題材をコミカルに且つ前向きにまとめていくのは
『スタンド・バイ・ミー』『恋人たちの予感』を手掛けたロブ・ライナー

JUNO/ジュノ 6/14公開予定!
2008/06/09 21:08
【JUNO/ジュノ】
2007年製作のアメリカ映画

監督 : ジェイソン・ライトマン
脚本 : ディアブロ・コディ
出演 : エレン・ペイジ、マイケル・セラ、ジェニファー・ガーナー、ジェイソン・ベイトマン、オリヴィア・サルビー、J・K・シモンズ


【あらすじ】
クールな女子高生ジュノ(エレン・ペイジ)は、
バンド仲間(マイケル・セラ)との興味本位にセックスで妊娠をしてしまう(「してしまう」っていうのも語弊があるかもしれませんが・・)。

中絶を思いとどまったジュノは友だちのリアに相談をし、養子を希望している夫婦を探すことに。

理想的な夫婦を見つけ、会いに行ったジュノだったが……。


※ジャンルとしては「ヒューマンコメディー」
コメディーになるテーマなのかは見てみないことには・・
ただ、日本とは違い、事実を受け止めた上での前向きな作品な為、期待も高まる!?


追伸
アメリカでは公開当初「7館」だけの公開だったが、
話題をあつめ、「2448館」の公開まで拡大した作品との事です!


補足
ジュノの相手役(マイケル・セラ)は
同年公開(アメリカにて)の「スーパーバッド 童貞ウォーズ」で
童貞役を演じてます。
そちらの演技にもちょっと注目してみたいですね。



ブログランキング


インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
2008/06/08 13:40
前作「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」から19年、
待ちに待った4作目が6月14日(土)、15日(日)と先行公開、
6月21日(土)より日劇1ほか全国東宝系にてロードショー


世界各国で冒険を繰り返し、多くの財宝やそこに隠された秘密を解き明かしてきた、
考古学者で冒険家のインディ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)。
彼が、新たな相棒マット(シャイア・ラブーフ)と共に、秘宝クリスタル・スカルを探す旅に出る。


【STAFF&CAST】
監督:スティーブン・スピルバーグ
原案・脚本・製作総指揮:ジョージ・ルーカス
出演:ハリソン・フォード シャイア・ラブーフ ケイト・ブランシェット カレン・アレン


映画の5作目は、
「アイディアが浮かぶまで、時間がかかるけどね。やはりどんな宝を見つけにいくかというのは重要なところだ。現在、具体的なプランはないから、もしそれが見つかれば5作目を撮りたいね。いいアイディアが浮かべば日本でも撮れるよ」
と、【徳川の埋蔵金】をモチーフに構想を練ってくれそう・・・
それも楽しみですね!!
まぁ。これから4作目が公開されるので、5作目はまだまだ先の話です♪



人気ブログランキング【ブログの殿堂】

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国@映画生活

どれか一つ にほんブログ村 映画ブログへブログランキング お願いします。