邦画・洋画 DVDも含む♪
どれか一つ にほんブログ村 映画ブログへブログランキング お願いします。
Entry
Categories
Archives
Comment
Link
Profile
Material
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Others


アクセス
■合計カウント数

■今日カウント数

■昨日カウント数

ランキング参加中
〜満足度ランキング〜
邦画好き
スポンサーサイト
2008/08/11

一定期間更新がないため広告を表示しています


【崖の上のポニョ】見ました!
2008/08/11 11:40
ようやく、ちゃんと見に行きました。

「新宿ピカデリー」がオープンして3週間が経ってしまいましたが
やっと、行きました。
プラチナシートで見たかったのですが
お財布と相談し、やっぱり普通の席で。
(しかも開演時間ギリギリだったので空いていたのが最前列・・)

あまりにもスクリーンが近過ぎて、目がチカチカ・・

ま、でも新しい映画館だったのでキレイでした。


さて、本編のほうですが
思っていたよりも深い内容だったような気がします。

個人的には深すぎて解らない部分もあったのですが
一緒に言った人曰く、「いい作品」だったようです。

子供にとっては可愛くて面白い。
子供づれの親にとっては、親の愛が深くて面白い。

結婚してるけど、子供がいない僕にとっては
深すぎる・・(曖昧な部分が多くて、結論として何を伝えたいのかが(???))
と言うのが本音の部分での感想。

舞台となっているのは一つの港町。
その港町と海の中という限られた舞台の中での
壮大なスケール感を出してるのは、やっぱり「流石」の一言です。

ポニョと宗介の再会のシーンで
横に座ってるウチの奥さんは号泣してましたが・・
一番印象に残るのは宗介の母(リサ)のドライビングテクニック。
軽をあそこまで乗り回すのはすごいの一言です。

以上、今回は感想のみで失礼します。

【闇の子供たち】
2008/08/05 17:45


日本新聞社バンコク支局で、幼児人身売買を取材する記者、南部は、
日本人の子供がタイで心臓の移植手術を受けるという情報を得る。
知人に金を握らせ、臓器密売の元仲介者に接触した南部は、
提供者の幼児は、生きたまま臓器をえぐり取られるという衝撃の事実を知る。
取材を続ける南部は、ボランティアの少女、恵子と知り合う。
純粋すぎてすぐ感情的になる恵子に苛立つ南部だが、
善悪に対する感覚が麻痺している自分を恥じてもいた。※作品資料より※


■ノンフィクション映画■
一言で言ってしまうと「問題作」です。
内容自体は一言では語れないので、実際に見てみないことには・・
ただ、衝撃的な現実とその現実を受け入れる事ができない。
現実として考えることができてない事に改めて気づかされます・・



監督・脚本 : 阪本順治
原作 : 梁石日
出演 :
江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、
佐藤浩市、鈴木砂羽、豊原功補

【崖の上のポニョ】
2008/07/23 12:26


本作品に対しては賛否両論あるようですが、
大前提として言えるのは
夏休み中の子供向け作品。のようです。

なので、ジブリ(宮崎監督)の作品が
昔からすごく好きで、同じ作品を何回も見てて、
「ココのシーンのこの台詞が大好き」
「いやいや、それだったらこのシーンでしょ」
というようなコアでマニアックなジブリファンの方には物足りなさを感じるようです。

とは言っても
続きが気になる...≫

それいけ!アンパンマン 妖精リンリンのひみつ/併映:ヒヤ・ヒヤ・ヒヤリコとばぶ・ばぶ・ばいきんまん
2008/07/15 17:19
長い・・
タイトルが長い・・
といっても、併映のタイトルも含まれてるのでしょうがないです。

説明不要の気もしますが、
定番アニメ「アンパンマン」

今回はアンパンマンシリーズ、記念すべき20作目!
テーマ
【勇気ってなんだろう?】

そもそもアンパンマンの強さの秘密が
「顔を焼くときに入れる、勇気の花のジュース」

その事実をしったばいきんまんが
勇気の花をひとりで守っている<妖精リンリン>を騙し、
留守の間に勇気の花の台地を壊してしまいます。

妖精リンリンとアンパンマンは
新しい勇気の花を探しに
・砂漠の奥地
・氷の城へ出かけますがそれでも花を手に入れることが出来ず、最後の望みを託して
【死神山】へとむかいます。

そこにはばいきんまんが・・・・
続きが気になる...≫

『ひゃくはち』今映画業界で話題を呼んでます。
2008/07/11 19:52
高校球児たちの青春を描いた本作の主役(雅人とノブ)は、
何十人もの野球部員を抱える神奈川県内名門高校の野球部に所属する、
3年生になってもグラウンドの土すら踏めない補欠部員たち。
レギュラーと一緒にベンチ入りしたい……
それだけを目標に、
鬼監督のサンダーから与えられる地獄のような練習に耐え続ける
補欠部員たちの青春を描いた映画。


各業界からの熱い支持を受け、
当初予定していた20スクリーンという劇場数も、全国80か所に拡大された。
上映を決めた劇場関係者は、
「最近忘れかけていた、胸を熱くするということを思い出した。
こういういい映画を多くの人に観てもらうことが、劇場の務めだと思う」と語る。
※「ROOKIES」の森田まさのりさんも
続きが気になる...≫

『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0』
2008/07/11 18:28
1995年の「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」を
3DCGやデジタルエフェクトを取り入れて全カットリニューアルし、再収録を行った。
一つ進化した。という事で『2.0』がついてます。


2029年が舞台。
サイバーテロ、コンピューター犯罪がより凶悪化した社会に
精鋭サイボーグによる非公認の超法規特殊部隊、公安9課/通称“攻殻機動隊”を組織した。

株価操作・情報操作・政治工作などで国際手配中のテロリスト“人形使い”が日本に現れるという情報が入り・・・
攻殻機動隊は、犯罪の中に見え隠れする“人形使い”の影を追う。


監督・脚本 :押井守
原作 :士郎正宗
音楽 :川井憲次
声:
田中敦子、大塚明夫、 山寺宏一
仲野裕、 大木民夫、 玄田哲章、 榊原良子


※余談ですが、
「やまちゃん」こと、山寺宏一さん。
6年前の某地方の成人式にゲストで出演されてました。

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0@映画生活

『チェスト!』
2008/07/09 11:39
監督:雑賀俊郎

原作・脚本:登坂恵里香

出演:
高橋賢人、御厨響一、中嶋和也
宮崎香蓮、松下奈緒、高嶋政宏
大坪千夏、小林隆、北村栄基
榎木孝明、羽田美智子


簡単なあらすじとして

クラスで人気者の男の子が
毎年錦江湾(鹿児島湾)で行われる遠泳行事を、
毎年仮病で休んでたのですが、
6年生の年に参加しなくてはならなくなり。

それに向けての特訓を開始する。
※毎年仮病で休んでいたのも、実はカナヅチだったため…

特訓もさることながら、
教育のありかた。友情。をまざまざと映し出すストーリーです。

一番のみどころとしては
主人公の父役 高島政宏 の鹿児島弁っぷりを見てください。


ちなみに
「チェスト」というのは示現流の掛け声です。
気合を入れるときに
「チェ〜ストォ〜〜!!」と言ったりします。
僕も一年に一回は使います。

産まれも育ちも鹿児島の僕ですが、
遠泳はしたことありません。
屋久島の海で流された時くらいです…



今現在、上映してるのは「愛知」「鹿児島」のみ…

DVDが出るのを待ってください・・
発売予定は9/17です。
チェスト!@映画生活
にほんブログ村 映画ブログへ

【カメレオン】7/5〜公開
2008/07/07 10:13

監督:阪本順治
脚本:丸山昇一

出演:
藤原竜也、水川あさみ、塩谷瞬
西興一朗、街田しおん、菅田俊
豊原功補、波岡一喜、柄本佑
萩原聖人、岸部一徳、谷啓


脚本の丸山昇一は
松田優作アクションを数々手がけた脚本家。
今回の「カメレオン」は
監督のデビュー作「処刑遊戯」より以前に
書いた、未発表作品。
※原作名は[カメレオン座の男]

元々は、松田優作を想定して書かれた
作品だそうで…
ただ、その時(約30年前)よりも現代風に
丸山本人がリメイクをしたとの事です。
※リメイクの際に藤原竜也を想定してたのかどうかは・・(?)


[あらすじ]
詐欺師の日常→思いもよらない闇への連鎖

カメレオン@映画生活

ハブと拳骨
2008/06/30 15:52
6/21〜公開中

監督:
中井庸友

出演:
尚玄、虎牙光輝、
宮崎あおい、石田えり、大口広司

舞台はベトナム戦争時の沖縄。コザ(現在の沖縄市)
ドラマやPV、CMなどを幅広く手掛ける
中井庸友監督の初長編(映画)作品。


あらすじ。

沖縄最大の歓楽街コザで遊び歩く男、良は、
ソーキソバ屋を営む母カミィが
戦争孤児として引き取った兄・銀と妹・杏と、
実の家族のように仲良く暮らしていた。
ある日、米軍が引き起こしたある事件をきっかけに、
家族の運命は大きく揺らぎ始める……。

ハブと拳骨@映画生活

【花より男子ファイナル】
2008/06/25 21:28
今週末28日から公開予定。


映画の内容関する説明は不必要な気もするのですが・・


それでも気になる映画ではあるので。
ちょっと書かせてもらいます。

リターンズのプロポーズから4年後のお話のようです。
完全なオリジナルストーリーなので
原作だけを愛してる人はどのような気持ちで観るのでしょうか。



なんというか、本当に女性向けの映画だと痛感しております。

男目線で見てしまうと、
「うらやましい」というか「こんなのアリなのか・・」というか
一言でいうと、【嫉妬】的な目線になってしまうんです。


漫画のほうでもあるような、
女性の夢というかトキメキみたいな感情に加えて
映像(カラー)として目を通して脳に直接ぶつけてくる
あのキラキラしたものが映画だと余計に肥大するかと思うと

ある意味見たくなってしまうのかな。
という状況です。(あくまで個人的にです。)


ただ、
推定100億円のティアラってどんなもんなんでしょ…
失神しそうです。


【花より男子】略して花男

エレカシでも、松本大洋でも、太陽族でもありません。
あしからず。

どれか一つ にほんブログ村 映画ブログへブログランキング お願いします。